あなたの体は大丈夫?健康診断の正しい受け方ガイド

あなたの体は大丈夫?健康診断の正しい受け方ガイド > 健康診断のポイント > 女性は婦人科検診も加えておく

女性は婦人科検診も加えておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代、30代でも婦人科検診は定期的に受けておきたい

「婦人科検診」とは、子宮がん、卵巣がん、乳がんなどをはじめとした女性特有の疾患を見つけるための検査。とかく20代の未婚女性だと、「まだ結婚の予定もないし、そんな検査、今から受ける必要もない」という人も多いのですが、最近は若い年齢でも婦人科疾患が増えています。

婦人科検診はがんの早期発見だけでなく、子宮筋腫や子宮内膜症など、罹患率の高い良性の疾患を発見するためにも有意義な検査。たとえ良性の病変であっても、放置しておけば不妊の原因になることもあります。ですから、20代、30代でも乳がん、子宮がん検診を一度受けておくようにしましょう。

もし、「男性の医師に内診されるのが嫌で嫌でたまらない」という場合は、女医が担当しているクリニックで受診することをおすすめします。

また、30歳以上になったら年に1度は婦人科検診も健康診断とは別に受診し、年齢とともに変化していく自分の体と向き合うことが大事です。特に30代後半から更年期を迎える40代、50代といった年齢は、女性ホルモンが減少するため、ちょっとした環境の変化で体の不調が起きやすくなります。

40代以降は骨や血管の健康にも留意したいもの。血液検査も項目を増やし、血中のホルモン量や骨代謝マーカーなどもチェックしておくとよいでしょう。

おすすめコンテンツ

優良情報を探しているなら

Copyright (C)2017あなたの体は大丈夫?健康診断の正しい受け方ガイド.All rights reserved.

↑pagetop